カードローンの審査はどのような点を見られるのでしょう

個人が上限50万円ほどのカードローンを利用する時は、担保物件も保証人もなしで借入ができます。しかし、だからといって、無条件で借りられるというわけではありません。借入の前には審査が行われ、それに通った人だけが、お金を借りることができます。この審査が不安で、カードローンの利用をためらっている人も多いかもしれません。しかし、要点をきちんと押さえておけば、審査は特に怖くはありません。まず収入がないと審査に通ることはできません。できれば、定収入があった方がより通りやすくなります。ですから、無職だけどお金を借りたいという時は、まずアルバイトでもいいので仕事をして、収入を得るようにしましょう。ただし仕事をしていなくても、不動産収入などがあれば、お金を借りることは可能です。また自分の収入がない専業主婦の場合は、収入のある家族、特に配偶者の名義で申込を行うことになります。

次に大事なのは、個人信用情報です。これにブラック、つまり事故情報が登録されると、審査に通るのは難しくなります。ブラックが登録されるのは、主にローンの返済が遅れたとか、あるいは債務整理をした時です。この場合は5年間登録されますが、自己破産をした時は、銀行系の信用情報機関に限り、10年間登録されます。つまり、自己破産をすると、免責が下りてから10年は銀行を利用できませんので、その点に気をつけましょう。それから、他からの借入件数や借入額なども、審査のうえではチェックの対象となります。借入件数や借入額が多い時も、返済能力を疑問視されて、通らないということがあります。特に消費者金融のカードローンを利用する時は、総量規制があり、年収の3分の1に相当する金額が限度額に設定されます。この総量規制は、消費者金融の利用すべてに適用されるため、消費者金融を複数利用している時は注意しましょう。限度額を超えそうな場合な、総量規制対象外の消費者金融、あるいは銀行を利用するのがいいでしょう。