南アフリカランド円はあまりおすすめできない通貨

By: David Stanley


南アフリカランド円の高いスワップに魅力を感じて買いを入れてしまった事があります。アベノミクス相場になる前の円高相場で、南アフリカランド円が9円辺りをうろうろしていたときに買って放っておきました。1000通貨を1枚買って1万円の損が出てもいいという気持ちで長期保有していたら見事上がって1万円以上の利益となりました。

結果的にトレードは成功したわけだけど、後で南アフリカランド円の事に付いてインターネットで調べたとき、あまりお勧めしない通貨であるということが分かりました。南アフリカランド円は流動性が低く不安定な動きになりやすく、暴落でもすれば戻りが鈍いそうです。

資金をたくさん準備してナンピンをすれば他の通貨の場合、戻る確率が高いのに対し、南アフリカランド円は底からあまり上がらずにうろうろしますから、ほぼ高確率でナンピンが通用しないそうです。私が買いを入れたとき、スワップも10円以上で高いと思っていましたが、最高だったころは30円ぐらいだったそうです。それがこんなにも下がってしまって怖いって思いました。

南アフリカランド円でのトレードを考えている人は、もっと他の通貨を探したほうが効率的です。スワップが高すぎる通貨はやはりそれなりの理由があります。これからもずっと高スワップが続けばいいのですが、その確率は低いです。あまり人気がなくなると業者が通貨の取り扱いを停止する可能性が出てきます。

そうすると、せっかく持ったポジションが意味をなさなくなります。豪ドル円、米ドル円、ユーロ円、ポンド円、ニュージーランドドル円が流動性が高くて安全です。やるなら、この通貨達をおすすめします。

SNSでもご購読できます。