バイナリーオプションのことの解説

By: Kevin Dooley


バイナリーオプションとは投資の種類の一つです。バイナリーオプションでは投資の対象となっているものの、一定時間後における値動きを当てる方法で投資を行います。例えば株式を投資の対象とした場合には、その株式の価値が現在の価格より、一定の時間が経過した後に高くなっているか、低くなっているかだけを予想します。普通の株式投資と異なるのはその株式自体を購入するわけではないということです。

株式を購入してその株式の価値が下落した場合には、その下落した分だけ購入した人間の損失となりますが、バイナリーオプションでは損失の額はあらかじめ決まっているのが特徴です。株式の価値が上がると予測して、一定期間経過後に価値が下がった場合には損失になるのは通常の株式と同様ですが、それだけ株式の価値が下がっても損失の額は変わりません。通常の株式投資の場合ならば、200円の下落よりも300円の下落の方が損失は大きくなりますが、バイナリーオプションは一定期間後にどれだけ株式の価値が下落しても損失の額は同じです。

それは株式の価値が上昇した場合でも同様です。一定時間の経過後に株式の価値が上昇した場合、通常の株式投資の場合には100円上昇したよりも200円上昇した方が利益の額は大きくなりますが、バイナリーオプションの場合は利益の額は一定です。株式の価値が上がると予測して、実際に株式の価値が上昇した場合にはその上昇の値幅が100円であっても1000円であっても利益の額は変わりません。

つまり、バイナリーオプションはあまりお金を賭けずに投資をすれば、ローリスクの安定した投資をすることができるのが特徴です。バイナリーオプションの対象となるのは株式だけではなく、外国通貨なども取引の対象となっています。また通貨や株式などだけではなく、現物の価格も取引の対象としています。取引の対象となるものとしては金や銀、プラチナなどの貴金属もあります。

SNSでもご購読できます。