株式投資で短期で勝つための方法

株式投資は自分の好きな企業の銘柄を買って放置しておくのももちろん楽しみではあるのですが、
やはりキャピタルゲインを積み重ねていくことでより資産を多くしていくという方が効率が良いです。
ただ全員が全員勝てるわけではないので難しいところですが、個人的によく利用している手法を紹介したいと思います。

1、無難に配当付きの東証一部上場銘柄を狙う

配当がつくような会社は決算の一ヶ月前くらいの安くなっている日(前日比マイナス)に
ちょっと手を出してみるというのが手です。
こうすると決算直前になって配当狙いで買われるために短期間でもある程度の回収が見込めます。

ただし、あまりにも業績が下り坂な企業だと決算前でも普通に売られてしまうことがあるので注意が必要です。

2、チャート的にもう底に入ったと思われる銘柄を狙う

これはちょっとチャートをよくチェックしていないとわからないと思うのですが、
それぞれの銘柄によってよく動く価格帯というものがあります。
基準は異なりますが、よくチャートを見るとたとえばどんなに下がっても75日線より下にはいかないだとか
独自の動きがあります。

それを確認できれば、その底と思われる価格帯で指値注文を出しておけばよほどのことが無い限り損はしません。
その分リバウンドによって利益が想定されます。

3、適時開示情報閲覧サービスを利用する

これは本当にその日のうちの売買となる可能性が高くなってしまいますが、
適時開示情報閲覧サービスに表示されている各企業のニュースやIRをチェックします。
中には業績修正があったりだとか、画期的な開発・商品リリースが行われたというように
業績に直結した情報が掲載されています。
それを利用して、常にその情報をチェックすることで、買いの銘柄がわかります。
あとは上がり切る前に買っておけば、上がったところで利確してそのまま利益になります。
別にチャートが読めなくてもとりあえず相場に乗っかれば高確率で勝てます。

FXで役立つtips 大損しないための知識はこれだけでも十分

数ある投資先の中でも比較的初心者向けと言われる外国為替証拠金取引。
ただこちらも罠の多い世界なので、すぐに役立つ豆知識を紹介。
参考:FX口座開設ガイド.com

・資金管理は何よりも大切。自分の資金と含み損益を常に確認しておく。必要以上に損害を増やさないためにも余計な注文を控える。

・マイナー通貨ペアにもチャンスは眠っている。ただしリスクもあるので短期間の偏った動きだけで売買をすると無駄なく低リスクで利益が出やすい。

・ポジションをたくさん持ちすぎても危険が増えやすい。予測しやすい注文だけをしてあとは様子を見ておくと無理もなくストレスも増えない。資金管理も容易。

・欲が出がちなところを抑えてトレードをすると失敗が少ない。「あともう少し」の所でやめておくといい。

・スプレッドは意外なところで広がっている。変動幅の大きい業者もあるが、経済指標発表時や早朝などは特に注意。

・テクニカル分析の中でも最も重要なのはプライスアクション。価格の動きや勢いなどを見ていくと判断がしやすい。

・システムトレードでかんたんに利益が出ると思わない方がいい。事前にデモトレードをするなどして、調べておくと無駄が少ない。

・本当に安定して利益を得たいと思うならデモトレード経験を1年以上はしたほうがいい。

・為替レートにも変動幅の波が出やすく、安定度にも違いが出やすい。利益が出づらい時期になったら他の投資先を探してみると無駄な損害を出さずに済む。

・FX以外にもコモディティや株など投資先はあるが、むやみに売買してもリスクが増大しやすい。ただ、短期間のトレンドで利益を得るだけならテクニカル分析で勝ちやすい。

・基本的に思い通りにいかないものと考えた方が気持ちの整理がつきやすい。

京都の土地です

投資をするのなら、不動産投資です。これは、大きなお金になって帰ってきます。今、東京がいいのはわかりきったことですが、地方都市、京都は大変なことになっています。至る所で、建物の解体が行われ、古いものが新しく生まれ変わっています。ホテルも、次々オープンします。この間は、リッツカールトンホテルがオープンしました。これから、フォーシーズンホテルがオープンします。まだ、工事中です。また、京都では地価が一番高い、京都市役所のちかくにも新たなホテルがオープンする予定です。もし、東京で、このようなホテルの近くに住むとするならば、どれほどのお金持ちなのでしょうか。予想もできないほどですよね。それが、京都だったら、それが可能なのです。
しかし、物件が出てきません。いいものはすぐに売れてしまいます。フォーシーズンやリッツに自転車で、お茶を飲みに行けるのです。いつも感じることですが、京都は東京の縮小版です。東京にあるものが、だいたいすべてあります。更に、景色が抜群にいいです。小さくても、日本の文化遺産、世界遺産が後ろ盾して、景色を応援さえしてくれます。
地下も上がっています。この間までの土地が、急に100万円も上がりました。道路に面したところなら、3倍は値が上がるでしょう。投資するのなら、京都の土地です。まだまだ、あがっていくことでしょう。
街は、欧米の観光客であふれています。私など、日本人に合うよりも欧米の方にあうほうが多いくらいです。

FX会社選びはスプレッドを選んで取引

FX取引をする上で、FX会社一覧を見つけることがまず最初にやらなければならないことです。
選択する要素は、通貨ベアの多さや、スワップ金利、信頼できる会社で安心して取引できる、そしてスプレッド比較ではないでしょうか。
スプレッドとは、売値と買値の差のことで、例えば円米ドル取引で101.21-101.32とあれば、そのスプレッドは101.21円と101.32円の差額0.11円のことで、この差が少なければ少ないほど私たちにとって有利になってきます。
FXにおいて手数料無しの取引がかなり多いと思いますが、なぜこのようなことが出来るかといえば、スプレッドが実質的な手数料になっているからです。
このことを考えれば、スプレッドは手数料を比較して選ぶことと同義語になります。
つまりスプレッドが小さければ小さいほど、手数料がやすいと解釈して良いのではないでしょうか。
これまでFXを取引していた人は、アベノミクスによって円安でかなり儲けた人もいるはづです。
このことは、通貨の供給量を増やす経済政策からして、当然円安は予測できたはずで、通貨の素人でも儲けることができたと思います。
しかし、1ドル100円を突破した為替レートは今度はどうなるか分かりません。
4月から実施される消費税増税は、円のレートを上げるのか下げるのか、しっかり予測して儲けてください。
しかし、その前にまず、スプレッド比較を十二分にして取引の会社を選んでみてはいかがですか。

FXのスプレッドを比較して低コストから始められる

資産運用を始める上で、結果的に利益をうむことを考えて始められるかと思います。
しかし、最初に初期投資をするコストが高かったり、コスト的なリスクが大きければ、ちょっと躊躇してしまうでしょう。
そこでまず比較を上で重要なのが、各業者のスプレッド比較をすることです。
FXの取り引きをするときに発生するコストには、いくつかございます。
大きく言えば売買手数料とスプレッドというのがございます。
今はほとんどの場合、売買手数料無料のFX会社が多いです。
スプレッドというのは、買値と売値の差になりまして、原則は固定で提供している場合や、または通常時固定のFX会社と、変動幅のあるFX会社がございます。
スプレッド比較する場合には、狭さに注目をすると良いでしょう。
変動幅になっている業者の中には、キャンペーン期間中で原則固定で提供しているところがございます。
ランキング上位になっているところは、変動幅がなく原則固定の業者が多いというメリットがあるでしょう。
FXを始める時には、やっぱりコスト的な不安がないほうが良いですよね。
ランキングをチェックしてみると、口座開設をするとキャッシュバックがついてくるキャンペーンを行っている業者があります。
スプレッド比較も合わせて行いながら、よりメリットが感じられる業者を探しましょう。
売買手数料が無料というお得に始められるところもございます。
結果的に利益がうめるように、リスクが少ない業者が良いですね。

FX1000通貨で取引をするメリット

FXは大きな利益を得ることが出来るチャンスがあり、大変人気です。
FX業者では、いくらのポジションを構築してもいいというのではなく、取引通貨の単位を設定していて、その単位ごとにポジションを組成しなければならないという決まりになっています。
取引通貨単位で最も多いのは10000通貨です。
これは、10000の現地通貨ということになります。
例えば、ドル円を取引していて、1ドル=100円の場合は、10000ドル、つまり100万円となります。
このとき、ポジションを組める最低額の10000通貨で組成して、1円逆方向に動いてしまった場合、損失額は1万円にもなってしまいます。
ドル円で1円の値動きをすることはしばしばあります。
特に、アメリカ雇用統計などのイベントでは、一瞬で1円以上動くこともしばしばです。
そして、損失が続けば瞬く間に大金を失ってしまうことも十分に起こります。
一方、業者の中には取引通貨単位を1000通貨にしている所があります。
これならば、上記の例のように逆に動いたとしても、損失は10000通貨の場合の10分の1になりますので、リスクを抑えることが出来ます。
また、10000通貨で1つの通貨ペアのポジションを組成する資金で、1000通貨単位で複数の通貨ペアのポジションを作ると、分散投資になり、よりリスクを低減出来るとともに、各通貨ペアならではの値動きを楽しんだり、高スワップ通貨でスワップポイントを稼ぐといったことも出来るようになり、FX投資の幅が広がります。

FX業者一覧のサイトで最適なところを選ぶ

FXの取引のためには、どこかしら業者を選ばなければならないものです。
しかし業者の数は非常に多数存在しますので、それを選ぶのもなかなか大変なものだと思います。
効率的に選ぶためには、どのような方法があるのでしょうか。
その1つは、一覧表を公開しているサイトを利用するという方法です。
一覧表があるサイトでは、表形式で各業者を比較してくれています。
例えばFXには、デモ取引と呼ばれるシステムが存在するものです。
デモ取引は、仮想のお金を動かすというシステムなのですが。
それは全ての業者が提供しているわけではありません。
ところが業者一覧のサイトを利用すると、デモ取引を提供している業者とそうでない業者を表で見ることができるのです。
デモ取引を提供している業者は0と書かれていて、提供していない業者は×といった具合でしょうか。
ですのでご自身がデモ取引を希望している場合には、0と書かれている業者を選ぶのが良いかと思います。
さらに業者の中には、対面取引と呼ばれるシステムを採用しているところも存在するのです。
基本的にFXというのはインターネットの利用が原則になってくるものですが、中には電話などでの対面取引ができるところも有ります。
それも一覧表に表記されているものです。
何しろ業者の数は非常に多彩なものが有る訳ですから、それが一覧表示されている方が比較しやすいと思いませんでしょうか。
もしも私がどこか業者を選ばなければならないとしたら、FX業者一覧のサイトを利用すると思います。

FXの口座開設はきちんと比較して

FXを始めるときにどうしても必要なのが口座開設です。
取引するには口座が必ず必要になるからです。
しかし口座は会社によって実に様々なメリット・デメリットがあります。
もしもこれからFXを始めようと思うのなら、必ずいくつかの口座を見比べてみてほしいです。
メリット・デメリットは手数料の差であったり、レートの違い、換金システムの違いなど、とても細かい事です。
しかし自分に合ったものを選ばないと、長い間使っていくには不便になってくるのです。
ところが多くの人が特に比べもせずに口座開設してしまいます。
自分に合った口座でなければ損をしてしまうとわかっていてもです。
なぜなら比べることはとても面倒で難しいからです。
そんな人の為にお勧めなのが、インターネットの情報サイトです。
インターネット上ではFXに関する色々な情報が載っています。
またどこが違ってどこがいいのかという解説までしてくれているサイトもたくさんあるのです。
これなら比べる手間もなく、初めから比較した情報を得ることができます。
ですから昔よりも自分に合った口座を作ることが簡単になってきているのです。
投資して一花咲かせたいという人はもちろん、毎月コツコツと少額でもいいから稼ぎたいという人、将来の為に資産管理したいという人、誰でも納得のいく口座開設ができるので、ぜひそういったサイトを活用してみてください。
そして少しでも自分の資産を大事にできる投資を行うように心がけましょう。